RSS  
HOME >> Blog >> ブログのトッピング >> スポンサー広告>> Lightroomの使い方 >> Lightroomで写真の明るさや色バランスなどを調整する
 


[ トップメニューに戻る ]



ブログと写真とカメラの素敵な関係のためのテクニック集

ご質問等はコメント欄へ、ご意見等は左メニューのBBSからどうぞ。



[スポンサー広告]    


  スポンサーサイト (--/--/--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[戻る]



[Lightroomの使い方]    


* この文章はAdobe Lightroom βバージョンを使い執筆されています。一部製品版とは異なるインターフェース等ありますがご容赦下さい。

  Lightroomでの大まかな作業は①撮影した写真を取り込み、②写りの良い画像を選び、③明るさ等を調整して、④画像ファイルとして出力(現像)するという流れになります。今回は③の、チョイスした写りの良い写真を補正する方法です。予め、Lightroomをダウンロードし、インストールしてから画像を選択しておいて下さい。



補正を行いたい画像をクリックして、選択状態にしてから、右上の「現像」の文字をクリックします。

① 画像の明るさやコントラスト、彩度、色バランスなどを調整しましょう。この作業は右側のパネルを利用します。

 

② まずは、一番右上に表示されている「ヒストグラム」を確認します。これは、単純に言ってしまうと、画像全体に占める明るい部分から暗い部分の分布図です。X軸が明るさ(左側が暗く右側が明るい)で、Y軸が量となっており、画像の明るい部分がどのぐらいあるのか、暗い部分がどのぐらいあるのか、中間部分がどのぐらいあるのかを示しています。左側(一番暗い)から右側(一番明るい)まで、まんべんなくグラフが存在している状態が、良い状態とされています。これで画像の明るさ(暗さ)状態を判断します

 この例では、右側(明るい)部分にグラフが存在しないので、「暗目に写ってしまっているので、明るく補正した方がよい」ということになります。また、このヒストグラムには白いグラフ(画像全体の明るさ)の他に、光の三原色(赤、緑、青)のグラフも書かれています。この例では、青のグラフの分布が他の色より少し右側に出ているので、「青っぽい画像」ということも確認できます。

* ヒストグラムのグラフを直接左右にドラッグすることで補正することも可能です。

 

③ では、調整しましょう。ここでは、「こんな画像の場合はコントラストを強めに」「こんな画像の場合は彩度を強めに」といった個別具体的な解説ではなく、Lightroomの機能的な解説に留めます。


「ホワイトバランス」の「撮影時の設定」をクリックして調整しているところ。

 「基本補正」パネルでは様々な補正が可能です。「ホワイトバランス」の右側にある「撮影時の設...」をクリックし、調整することでホワイトバランスを変更することができます。撮影時にホワイトバランスの調整をし忘れてしまったり、ホワイトバランスをわざと変更したい場合に便利です。画像の色味が大きく変わります。「色温度」のスライダーをマウスでドラッグすることで、ホワイトバランスを手動で調整することもできます。

 「露光量」ではシャッター速度を変更したかのような補正がシミュレートできます。「白飛び軽減」、「補助光」、「ブラック系」もそれぞれの領域の明るさや暗さを補正できます。いずれの場合も、スライダーにマウスを当てると、ヒストグラムのどの部分が補正されるのかハイライトで表示されるので、それを見ながら作業を行うと良いでしょう。

 「明るさ」は、スライダーを右に動かすと明るい部分を増やし(ヒストグラムが全体的に右に移動します)、逆にスライダーを左に動かすと暗い部分を増やします(ヒストグラムが全体的に左に移動します)。「コントラスト」はスライダーを右に動かすと明るいところと暗いところの差をはっきりさせます(ヒストグラムを広げます)。逆にスライダーを左に動かすと、明るいところと暗いところの差を少なくします(ヒストグラムを狭めます)。最初の頃は、気持ち程度に補正するのがコツです。

 「バイブランス」では主に肌色を生き生きとした色彩に調整してくれます。人物がメインの画像はバイブランスを積極的に調整すると効果的でしょう。「彩度」は画像全体の鮮やかさを調整できます。彩度を上げすぎると不自然な画像になるので注意しましょう。

 

 「自動色調」にチェックを入れることで、Lightroomが画像を分析して最適と思われる明るさ調整を行いますが、イマイチな結果になることが多いです。

 

④ 「トーンカーブ」パネルを使って明るさを補正することもできます。「トーンカーブ」は、X軸が元の(現在の)明るさ(左側が暗く、右側が明るい)、Y軸が変更後の明るさ(左側が暗く、右側が明るい)を示しており、画像の明るさを相対的に調整できる仕組みになっています。慣れるまでは直感的に調整するのが難しいのですが、Lightroomはトーンカーブに慣れていない人でも比較的分かりやすく調整できるように工夫がされています。

 トーンカーブのグラフにマウスを当てると、「ハイライト」「ライト」「ダーク」「シャドウ」といった文字が表示されます。これらは、それぞれ画像の「凄く明るい部分」「明るい部分」「暗い部分」「凄く暗い部分」の範囲を示しています。それらをマウスでドラッグして、上に持ち上げると明るく、下に下げると暗くなるようになっています。例えば、「ライト」部分を上に持ち上げれば、画像のうち明るい部分がより明るくなりますし、「ハイライト」部分を下に下げれば、画像の一番明るい部分が暗めになります。これを利用して画像のトーンを調整します。

* ハイライト、ライト、ダーク、シャドウの割合はグラフ下にある黒、灰色、白の三角形をドラッグして動かすことで調整できます。また、下にある「ハイライト」「ライト」「ダーク」「シャドウ」の各スライダーを動かすことでも、トーンカーブを調整できます。

 

⑤ 「カラー補正」パネルでは、各色の色味や鮮やかさを変更できます。「画像の赤色部分に少し黄色っぽさを加えたい」とか、「画像の水色部分をもっと鮮やかにしたい」などの調整ができます。やりすぎると不自然な画像になってしまうので、慣れないうちは気持ち程度の補正に留めておきましょう。

 

⑥ 「レンズ補正」パネルでは、レンズを原因とする問題を解決することができます。「フリンジ低減」を使えば、画像の端の方で生じる色ずれを補正することができます。特にコンパクトデジカメのようなレンズの小さいカメラで撮影した場合に、フリンジが生じやすくなるので活用して下さい。また、「レンズビネット」を使えば、画像の四隅で生じる明るさの低下を補正することができます。

* 作業を元に戻したい場合は、左パネルの「ヒストリー」をクリックし、続けて戻りたい作業をクリックします。

 

⑦ 補正の途中で画像を大きく表示してチェックしたい場合は、一度、画面下のルーペ表示アイコンをクリックし、それから左上にある「フル」(画面一杯に表示)、「1:1」(原寸大表示)、「4:1」(四倍に拡大して表示)をクリックします。

 なお、この状態で数字の0~5キーを押すことで★評価を付けることができます。仕上がり具合に応じて★評価を変更しても良いでしょう。

スポンサーサイト
[戻る]







トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://blogtech.blog118.fc2.com/tb.php/18-834c8785



[ メニューに戻る ]

   
HOME >> Blog >> ブログのトッピング >> Lightroomで写真の明るさや色バランスなどを調整する

サイトマップ
コンタクト

文章や画像等の無断利用・転載はご遠慮ください。
なお、当サイトへのリンクは原則フリーです。
Copyright © 1997-2007 CoolandCool. All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。